天使が遺したアナグラム #3 Ddat Party(ディーダット・パーティー)

プロローグ わたしは知っていた。この世界の結末と我々に許された選択の限界を。世界は常に閉じているもので、全ては誰かの思い込みに過ぎない。それでもどれかを選ぶしかなく、それでいて選択には常にリスクが伴う。そんな当たり前と向 […]

天使が遺したアナグラム #2 選択的特異点

プロローグ 身体が震える。わからない、わからないことばかりだ。この世界、いや、私が触れている世界は、何を望んでいるのだろう。彼は、扉の無い部屋の中で、いつもの様に一人悩んでいた。大して家具も置いていないのに部屋は狭く、小 […]

天使が遺したアナグラム #1 認識

プロローグ それは何気ない変化だった。しかし、無視できない確かな変化だった。彼女、巳様虹乃花(みさま このか)が現れてから、この世界はゆっくりと形を変えていた。 彼女には物事を変化させる力があった。そのような力は、多かれ […]